スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しております。(再)

相変わらず、いろいろ主に私的なことでバタバタしておりまして、この頃は羽多野さん関連のイベントとかにも全く参加できず。
しかし。
イベントには行けないけど、CDは聴かせていただいておりますですよ(`・ω・´)
イベントは…行きたいけどいろいろあってな(´・ω・`)
また自由がきくようになったら行かせていただこうと思います。

もしまだこのブログを見に来てくださっている方がいらっしゃいましたら本当に申し訳ございません。
羽多野さんのことは相変わらず応援しておりますけれども、なかなか表立って応援することができなくなっておりますです。
だがしかしまだ大好きだーーーーー!!
…というわけで。
またいずれもう少し余裕ができましたら改めて、ということで。
皆様、よいお年をお迎えくださいませ←
スポンサーサイト

ご無沙汰しております。

生きてます(何)。
いろいろバタバタあって、更新するのがなかなか大変になって、ふと、「毎日更新しなくてもいいかな?」と思ったら、その後更新しなくてもよい気持ちになってしまい。
気がついたら半年経っておりましたですよ(´・ω・`)←
もし来てくださっている方がいらしたら、本当に申し訳なかったです。
相変わらず羽多野さんは大好きだし、アニメとかCDとかDVDとかチェックしてるし、イベントにも行ける範囲では行ってます。
今は、ワンマンライブに行けることを第一の目標としておりますですよ(`・ω・´)
「覚醒のAir」かっちょよいよね…(*´Д`)

ではまたそのうちに(何)


追記にコメントお礼ですv

›› Read More

あんさんぶるスターズ

きっと課金してナンボなゲームだろうから絶対にやらないぞ!!と思っておりましたが、気がついたら事前登録しておりました(´ω`*)
だって羽多野の声をタブレットで聴きたいんだもーん(*´∀`)(バカ)
全然やり方がわからないまま始めたので何をどうすればいいのかわかりませんが、とりあえず羽多野のキャラ(アドニスくん)はプロデュースするメンバーに入れてみた!
アイドルを育てるとか、結構めんどくさいというか面倒だけど(ヲイ)、いつかはアドニスくんが喋って歌って踊ってくれるだろうことを夢に見つつ、課金せずにまったり進めたいと思います(`・ω・´)
課金しないよ!!(`・ω・´)
絶対にだ!!(`・ω・´)(何)

ダンデビ

斉藤壮馬&羽多野渉のアクマの夜会 from Dance with Devils@ニコニコ生放送。
4/18に放送されたけど、タイムシフトにて、ようやっと見ましたー(*´∀`)
キャラソン初出しでフルコーラスオンエアとか、Rejetさんハンパないです(*´∀`)
歌詞の内容は、妹への禁断の愛を歌ってる(多分)、ちょっとヲイヲイな(何)ものでございますが、大変かっちょよく爽やかかつ憂いを帯びた感じでございましたな(*´Д`)
アニメの放送およびCD発売が大変楽しみでございます。
あと、ライブイベントもぜひに!!(`・ω・´)

アニソン・ハンター

BSフジにて放送中のアニソン情報番組??
本放送のときに羽多野がツイートしてくれたけど間に合わなくて見られなかったのだけど、再放送があったので録画しましたー(*´∀`)
仲良しの浅沼さんと事務所の後輩の芹澤さんがMCなので、和気藹々という感じ?
お久しぶりに(当社比)、画面上で動く羽多野さんのお姿が見られて感動しましたです(´ω`*)
やっぱり可愛えぇ…(´ω`*)(バカ)
甚だ満足したので寝まする。
おやすみなさいませー(^-^)/

…そうだ。
BGMにCowboy Bebopの曲がたくさん使われていたのが大変印象的でした(*´∀`)

総特集 三原順

河出書房新社から「総特集 三原順」という本が出たでございます。
もちろん光の速さで買った!!(`・ω・´)

三原順さんは1970~80年代に活躍した漫画家でござる。
代表作はなんといっても「はみだしっ子」シリーズ。
高校生の頃、憧れの先輩が読んでいたこともあって読み始めたのでした。
文字が大変多くて画面が「みっしり」という感じだったのが最初の頃の印象…かな(何)

当時の所謂少女マンガは、萩尾望都、大島弓子、竹宮恵子、池田理代子、ささやななえ、とか、いろいろ革新的な作家が擡頭してきていた頃でございまして。
その中でも三原順はとても異彩を放っていた作家だったように記憶しております。
とにかくコマ割りが細かい!! 文字が多い!! 引用と言えるのかどうなのかだけど文学作品ネタが多い!!
あと、暗い!!(`・ω・´)
いや、暗くはないかもだけど、重いエピソードが多かったでござるよ。
だがそこがよかった。
頭でっかちと言われればそれまでだけど、いろいろ思い悩む年頃の私にとって、グレアムやアンジーやサーニンやマックスのあれやこれやはとても心に沁みたのでした。
今日、このムックを手に取って、いろいろ文章を読む以前に、イラストを見てるだけで思い出して泣けてくるでございますよ…(´Д`)

大変残念なことに、三原さんは20年前に若くして病没されておられます。
でも、またこうやって作品が再評価されて世の中に出るというのは、当時のファンとしては大変嬉しいことなのでございました(´ω`*)
ムックはもったいなくてなかなか読み進められないので、まずは原作を読み返してしみじみ泣こうと思いますです(´ω`*)

スタア★ライト

3月下旬に発売されていたBLCDだけど、頼むのを忘れていた(ヲイ)ので、今頃届きましたー(*´∀`)←

2007年に発売された「東京・心中」の前日譚…というかスピンオフ…というか…??
「東京・心中」の脇役だったアイドルユニット“マキシム”が主役でございますのよねー(*´∀`)
当時、原作者さんが声の印象で選んだ二人(羽多野と達央だ)が、実際にユニット(CELL DIVISIONだ)を組んでいたと知ってびっくりした、というような話もあったり(確か)。
8年も経ってCD化された作品で、またあの時のキャストが(千葉さん=川原氏、も含めて)そのまま、というところが大変嬉しいでございますよ(´ω`*)
川原氏のお名前を覚えたのが「東京・心中」であったことも、今思い返せば懐かしい…(´ω`*)

というわけで届いたけれども相も変わらず続けて聴く時間がなく。
羽多野のいいお声をちょびっと聴いたあたりで本日は終了。
続きはまた週末に!!

キャスト
安那恭平:鈴木達央
日向万里:羽多野渉
伊吹燿成:福島潤
千葉凛太郎:川原慶久
鳥丸信也:武内健
柿沼):柳田淳一
サンボ先生:藤吉浩二
MC:岩澤俊樹
御影鈴香:中山恵梨香
浜口まゆみ:矢野亜沙美

バタバタ

新年度が始まって、諸々バタバタちう。
明日はまたちょっと特別な一日。
新しい人たちを気持ちよく迎えられるよう、努めたいと思いますです。

しかし明日は寒そうな気配。
せっかくスカートを穿く日なのに!!(何)
慣れないことで風邪をひかないやう、暖かくして参る所存でござるよ(`・ω・´)

とうけん

職場の同僚が、最近京都に行ってきたと言うので、「桜ですか?」と聞いたら「刀剣を見に…娘がオタクで…」とおっしゃられたので驚愕したでござるよ。
「とうらぶですね!」などとは口走らず、「へぇぇ~」と相槌を打っておきましたです。
たくさん歩いて疲れたそうで。
同僚は全然刀剣などに興味のなさそうな人なので、お嬢さんの趣味につきあって刀剣を見て歩かれたことにほのぼのしたことでございましたよ。

神様はじめました

キャラソン発売記念イベントに行ってきました。
整理番号からいって6列目くらいかなーと思っておりましたら3列目でちょーキョドった(`・ω・´)
お隣の方が羽多野ファンで、ツアーの話とかいろいろできて大変楽しかったです(*´∀`)

初生だいさくさんは衝撃的破壊力!!(何)
脱輪暴走するだいさくさんを必死で押し止めようとする羽多野さんが大変可愛かったです(´ω`*)
5/10のイベントでは歌を歌われる可能性もあるとか!?
私は行けないけど、行かれる皆様、生「そいや!!」を堪能してきてー(>_<)

| BLOG TOP | NEXT ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。